過食症を克服したい人のための治療なび

症状克服を目指すための過食症の治療法ガイドライン

自分でできる改善法を取り入れよう

過食症を治したい方のために、自宅でできる改善法を解説しています。過食を防ぐための意識、生活リズムなどの注意点をまとめています。

自宅でできる過食症の改善法

専門機関での治療とともに取り入れていきたいのが、自宅での過食予防。過食を防ぐことはそう簡単ではありませんが、日々の心構えや意識を変えるだけで少しずつ症状が改善されるはずです。

過食を改善するために最も大切なのが、「1日3食きちんと食べる」、「少しずつでも飴などを口に入れていく」、「ゆっくり食べる」。この3つです。とはいえ、最初から量を制限するのはストレスをさらに悪化させる恐れもあるので、栄養バランスやおおまかなカロリーで制限していきましょう。大量に食べたり、極端に食べなかったりということが無ければ大丈夫です。過食に費やす時間をコントロールできるようになったら、今度は時間を決めて食事を摂るようにしましょう。

また、過食症は様々なストレスが原因となるため、規則正しい生活を心掛け、ストレスから開放することも大切です。食事だけでなく、良質な睡眠を心掛けるなど、生活リズムも改善していきましょう。

家族や周りの理解が必要

過食症の改善にもっとも効果的と言われているのが、家族の理解・協力です。過食症は精神的ショックで30代や40代で発症する人もいます。

摂食障害は命に関わる病気なので、1人で生活するのは危険。家族や身近な人の温かいサポートが無ければ、克服するのは難しいと言っても過言ではありません。

現に、摂食障害の治療法として「家族療法」という治療まで存在します。これは、摂食障害者をみんなで理解し、より良い生活が送れるようサポートしていく治療法です。娘や妻が過食症になると、「食べちゃだめ」「吐いちゃだめ」と頭ごなしに叱ってしまう方も少なくありません。しかし、家族の溝が深まることで症状はさらに悪化してしまいます。

摂食障害がどのような病気かを学び、病気に苦しむ気持ちを受け入れながら、日々の生活の食事や生活習慣を改善していきましょう。

過食症の克服方法は親子の会話が増えた、夢中になれることが見つかった、恋人と仲直りしたなど、人それぞれ。周囲が温かく見守ることも大きな薬となるのです。

 
過食症を克服したい人のための治療なび