過食症を克服したい人のための治療なび

症状克服を目指すための過食症の治療法ガイドライン

過食症をそのままにしておくと…

過食症になるとどうなるの?その症状を詳しく解説します。過食が慢性化していくと、最終的には死にいたる恐れもあるので、早急に治療を行うことが重要です。

過食症の症状が悪化して誘発される病気

過食症は放っておくだけで自然と治ることはなく、悪循環に陥っていく病気です。食べては吐くを繰り返したり、過剰に食べては大量の下剤を服用したりという代償行為は、精神状態を悪化させるだけでなく、健康状態にも悪影響を及ぼします。栄養バランスの乱れにより、無月経、便秘、低体温、むくみ、冷え、低血症、貧血、腎機能障害などの健康被害が起こるほか、嘔吐を繰り返すことで胃酸により歯がダメージを受け、虫歯、変色、変形を誘発するなど、大切な歯も蝕まれてしまうのです。そして、もっとも恐ろしいのが心への影響。情緒不安定になり、アルコール依存症、薬物依存症、自殺願望につながる場合もあります。

過食症の一種「チューイング」とは?

食べ物を大量に噛んで飲みこまずに吐き出す行為=チューイングも過食症の一種です。食べ物を口に含み咀嚼することで脳は食事をとっていると認識しますが、実際にはすべて食べ物が吐き出されてしまうので、自律神経が乱れ、低血糖に陥ることも。チューイングを続けていると満足感を得られなくなり過食嘔吐に移行したり、わずかな量でも食べ物が体内に入ることを恐れて拒食症に移行したりする場合もあります。メンタル面への影響も大きく、人前や場所を構わずチューイングしてしまうのではないかという恐怖心にかられ、会食不能に陥ることもあります。

過食症が悪化すると死亡する恐れも

過食症は、国の難治性疾患克服研究事業の対象疾患のひとつであり、「中枢摂食異常症」という難病です。過食症が難病に指定されている理由は2つ。治療方針が未確定かつ後遺症を残す恐れが少なくない疾病であること。そして、慢性的な疾患で周囲の負担が多く、精神的な負担が大きい疾病であることが挙げられます。摂食障害による死亡率は7~8%と言われています。これは15人に1人が死亡する確率で極めて危険な病気です。慢性的な過食嘔吐を繰り返す痩せ型の人の場合の死亡率は16%にも及びます。本人はもちろん、家族が総力をあげて専門機関での治療に取り組み、克服しなければならない難病なのです。

 
過食症を克服したい人のための治療なび