過食症を克服したい人のための治療なび

症状克服を目指すための過食症の治療法ガイドライン

心理療法

過食症の有効な治療法のひとつである、心理療法のメリット・デメリット、費用の目安を紹介しています。

過食症の治療法【心理療法】

心理療法は、カウンセリングを中心にした認知療法や行動療法、精神分析などを用いて病気の回復を目指す治療です。過食症をはじめとする摂食障害の場合、心療内科や精神科を受診するのが一般的ですが、民間のカウンセリング施設でも心療療法を受けることができます。

専門の医療機関と連携する施設もあるので、いきなり病院へ行くのは抵抗がある、という方にはおすすめです。カウンセリングは、臨床心理士などの資格をもったカウンセラーが担当します。

患者さんとカウンセラーが会話を通して、過食症になった原因を見つけ、その問題を克服するための考え方を一緒に導いていきます。

心理療法のメリット・デメリット

心理療法のメリットは、早い段階で「苦しみ」から逃れられることです。相性の良いカウンセラーに出会うと、1回のカウンセリングで症状が軽くなったと感じる場合もあります。

しかし、カウンセリングを受けて癒されることはあっても、病状が回復しないケースが多いことも事実。病院によっては、薬物療法の補助的な立場でカウンセリングを行っていることもありますし、臨床データが不足しているため問題解決の根拠に欠ける点は否めません。

心理療法で「安心して治療に専念できた」、「物の考え方が変わり過食がコントロールできるようになった」という方は、恐らくカウンセラーの方が精神病に精通しているだけでなく、人間性にも優れているからでしょう。

人間ですから、解釈の仕方や価値観は人それぞれ異なります。心理療法を重視する治療を望むのであれば、いくつも病院を巡り相性の良いカウンセラーを見極めることが大切です。

過食症・心理療法の料金目安

病院によって料金は異なりますが、カウンセリング1回60分あたり10,000円~20,000円が相場です。

この記事の関連のページ

 
過食症を克服したい人のための治療なび