過食症を克服したい人のための治療なび

症状克服を目指すための過食症の治療法ガイドライン

過食症治療で評判の病院ガイド【東京版】 » 過食症を克服した方の治療体験談 » 自分に合う先生と巡り会えました(29歳)

自分に合う先生と巡り会えました(29歳)

26歳女性の過食症克服体験談を紹介しています。拒食症、過食症などの摂食障害で悩む方に捧げる体験談です。

信頼できるドクターに出会うまで

過食症になったのは26歳の頃。それから2年くらい過食嘔吐を繰り返していました。原因は恐らく職場でのストレス。体重は30kgを切り、骨が浮き出るほどの体型になってしまい、会社を辞めて休養に専念することにしました。

そして、主人と共に意を決して心療内科を受診。しかし、初めは、なかなか相性が合う病院が見つかりませんでした。なかには、「早く大人になったら?」と冷たくあしらうドクターも居て、心が折れそうになることも。幸い、主人が過食症に対する理解を示してくれたので、心の支えになっていましたが、1人だったらどうなっていたことか…。想像するだけでも恐ろしいです。

でも、そうするうちに「私が求めているのはカウンセリング重視のクリニックなんだ」と、分かるようになりました。そして、インターネットなどの口コミでカウンセリングに定評のあるクリニックを調べた結果、「この人だ!」と思える先生に巡り合えたのです。

心の通ったカウンセリング

院長先生は、今までの精神科の先生とは違い、とても気さくで堅苦しい雰囲気がまったくありませんでした。常に穏やかで、患者の立場に立って話を聞いてくださいますし、カウンセリングがとても丁寧。話を聞いて薬を処方して終わり…というような、事務的な診察では決してありませんでした。

指導では、できるだけ薬の量を増やさず、食事に対する考え方を改めることに重点が置かれていました。ほかのクリニックでは完全予約制がほとんどですが、病状が悪い時などは先着順で受け付けてくださるので、とても助かりました。

過食症を克服して一児の母に

治療を始めて半年後に妊娠しました。主治医には、「過食の症状がまだ完全におさまってはいないものの、元気な赤ちゃんが産めるよう一緒にサポートしていきますから、安心してください」と、背中を押してくださいました。妊娠中にも、2週間に1度は嘔吐をしていましたが、母親になるという意識が増すにつれて過食を自制できるようになりました。無事、子供は元気に産まれてくれ、すくすくと育っています。きちんと向き合ってくれた先生、妊娠、出産を支えてくれた先生には本当に感謝しています。

 
過食症を克服したい人のための治療なび